閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年3月2日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:WTO、EUによるインドネシアのニッケル鉱石に関する紛争パネル設置に合意

 地元メディアが2021年2月23日に伝えたところによると、世界貿易機関(WTO)は、インドネシアのニッケル鉱石の輸出禁止とニッケル鉱石及び鉄鉱石の国内処理に関し、欧州連合(EU)からの紛争パネル設置に関する2回目の要請に合意した。EUは、2021年1月にWTOに対し、インドネシアのニッケル鉱石の輸出禁止政策を正式に検討するためパネルを設置するよう要請していた。EUは、インドネシアのニッケル鉱石の輸出禁止と、ニッケル鉱石及び鉄鉱石の国内処理は、EUの鉄鋼業にとり違法かつ不公正であると主張している。
 インドネシアは、世界の電気自動車(EV)バッテリーサプライチェーンの主要プレーヤーになることを目指し、EV用バッテリー製造を含むニッケルベースの川下産業の発展を推進しようとしており、2020年初めからニッケルの輸出を禁止している。韓国LG社や中国のCATL社などの大手企業は、世界最大のニッケル埋蔵量を保有するインドネシアに統合EVバッテリー工場を設立する計画を発表している。

ページトップへ