閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年3月4日 リマ 栗原健一

ペルー:Fraser Instituteレポートランキング低下

 Fraser Instituteが77エリア(国・州)で活動する探鉱会社や関連企業のマネージャークラスの2,200名を対象に2020年に実施したアンケートによれば、ペルーの探鉱投資魅力度は34位で、2019年の24位/76エリアから後退した。なお、中南米域内では最もランクが高かったのがコロンビア(28位)、次がチリ(30位)で、ペルーはこれら2か国に遅れを取ることとなった。
 ランキングの内訳としては、鉱業政策指数は42位で前年の45位を若干上回った一方、鉱物ポテンシャル指数は30位となり、前年の12位から大きく後退した。

ページトップへ