閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年3月4日 バンクーバー 佐藤佑美

加:カナダ鉱業協会、2020年の同国鉱業界の最新状況をまとめたレポートを公表

 2021年2月24日、カナダ鉱業協会(Mining Association of Canada:MAC)は、同国鉱業界の最新動向や政策提言をまとめた年次レポート「Facts & Figures 2020」を公表した。2019年の主な指標については、鉱業セクターの名目GDPが109bC$で全産業の約5%を占めたことが強調されたほか、直接・間接雇用が前年比93,000件増の719,000件となり、先住民の雇用含め、引き続き鉱業界が同国経済に大きく貢献していることが述べられた。一方で、近年の同国の非鉄金属の探鉱支出で豪州に遅れを取っている現状や設備投資額の減少傾向、クリティカルミネラルの生産シェア低下を指摘し、国際競争力の向上には予測可能かつ一貫した国内政策や規制環境の整備が必要と提言している。特にクリティカルミネラルやバッテリーメタルにおいてはそうすることで低炭素化の流れの中でカナダ国内における先進製造業の復活の土台となる可能性が大いにあるとしている。

ページトップへ