閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
パラジウム ロジウム その他 PGM(白金族)
2021年3月4日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:PGM生産者Implats社、記録的な半期財務実績(2020年12月末期)を発表

 2021年2月25日付けImpala Pratinum(Implats)社は、2020年12月末までの半期財務実績を発表した。PGMの堅調な価格と現地通貨ランド(ZAR)安の影響で、売上げ58,121mZARは前年同期の2倍になり、Gross profit 22,366mZAR(263%増)、EBITDA 25,064mZAR(231%増)、Headline earnings 14,441mZAR(328%増)と好成績であった。精錬金属6E(6元素)生産量は、前年同期比の29%増の169百万ozであった。
 CEO Muller氏によると、致命的な事故もなく安全性の向上により操業の勢いが支えられた。生産量において、処理能力の向上とImpala Canada社の寄与による恩恵を受けた。グループの生産量は増加し、PGM価格とランド安もあり、記録的な業績を達成することができた。また、2021年のPGM市場は、需要と供給の両方で力強い回復が予想される。パラジウム・ロジウムの短期的な供給不足は、2020年の精鉱在庫の放出で緩和されているものの、依然として価格上昇の要因になっているとも語った。

ページトップへ