閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2021年3月11日 シドニー Whatmore康子

豪:BHP、中国HBIS社と製鉄プロセスにおける温室効果ガス排出の削減に関するパートナーシップのMOUを締結

 2021年3月8日付けのメディアによると、BHPは、同社の鉄鉱石事業における顧客である中国HBIS Group(河北鋼鉄集団)社と、製鉄プロセスの温室効果ガス(GHG)排出削減に関するパートナーシップのMOUを締結したことを明らかにした。BHPは同パートナーシップにおいて、「水素を活用した直接還元法による製鉄の技術」、「鉄鋼スラグの再生や再利用」、「製鉄プロセスにおけるGHG排出を削減するために鉄鉱石塊鉱が果たす役割」という3つの分野を優先視し、GHG排出削減の技術に関する研究や調査を行い、同社とHBIS社の気候変動に関する目標の達成と、中国における「2060年までにGHG排出を実質ゼロとする」という国家的目標の達成に貢献することを目指すとしている。BHPは、同パートナーシップの期間である3年間において、同社が2019年7月に発表した、自社の事業に関連して排出されるScope1排出量とScope2排出量、及び同社のサプライチェーンを通じて排出されるScope3の排出量を削減する技術を開発する計画「Climate Investment Program」における出資枠である400mUS$から15mUS$を出資するとしている。

ページトップへ