閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年3月15日 リマ 栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山、今後5年間で2bUS$以上の投資を計画

 2021年3月9日付け地元業界紙によると、PDAC2021のPeru Dayに参加したMMG Las Bambas社のOssioゼネラルマネージャー(商務・財務・ビジネスサポート担当)は、Las Bambas銅鉱山に対して今後5年間に2bUS$以上の投資が計画されており、現在実施中の3台目のボールミルの建設のほか、燃油ステーション、キャンプ地、破砕システム、追加的な輸送システムなどにこの資金を充てる計画である旨明らかにした。
 さらに、現在同鉱山ではFerrobamba鉱床における操業が行われているが、間もなくChalcobamba鉱床、将来的にはSulfobamba鉱床での生産を開始するとコメント、これらは全て地域コミュニティや政府による許認可、プロジェクトの調査や実行などを含む総合的な開発計画に基づいて実施されると説明した。
 一方、ペルーでは、特に鉄道や道路、港湾などの運輸インフラの不足が新規投資の誘致におけるデメリットとなっていると指摘、ペルーの国土は複雑であり鉱山は遠隔地に位置していることを考慮しなければならないと意見した。さらに、Las Bambas銅鉱山建設の際には、道路、鉄道、送電線などの改善やMatarani港内のふ頭建設に投資しなければならなかったとコメントした。

ページトップへ