閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年3月15日 シドニー Whatmore康子

豪:WA州最高裁判所、中国Tianqi社にKwinana水酸化Li製造工場の建設費未払いを巡る係争に関して39mA$を支払うよう命じる

 2021年3月10日付けの地元メディアによると、WA州最高裁判は2020年3月9日、中国Tianqi(天斉リチウム)社に、同社がWA州で進めるKwinana水酸化リチウム製造工場の建設においてこの建設を請け負った豪州のエンジニアリング企業MSP Engineering社に対する支払いを行わなかったことを巡る係争に関し、39mA$をMSP社に同月15日まで支払うよう命じたとされている。Tianqi社は2019年11月、同工場の建設におけるMSP社への未払額を同月から2020年2月までの4か月間に分割で支払うことを同社と合意したが、同工場の立ち上げ第1ステージの建設における費用額が当初予定していた400mA$の2倍に膨れ上がるなど資金繰りに困窮したことを背景に、支払いを中途で停止したとされている。MSP社はこの支払い停止に対し、2020年3月4日にWA州裁判所にTianqi社を提訴したが、係争は長引いており、Tianqi社は今回のWA州最高裁判による決定に関しても上告を行うとしている。一方、MSP社はTianqi社が支払いを停止したことが原因で同社の資金繰りが悪化し、400人の人員削減を行わざるを得なかったとしている。

ページトップへ