閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年3月16日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:LG Energy Solution社、バッテリープラントプロジェクトの着工式を予定

 地元メディアが2021年3月6日に伝えたところによると、韓国のLG Energy Solution社は、インドネシアCentral Java州Batangに計画されている電気自動車(EV)バッテリー製造施設について、3月末の着工式の開催を予定している。インドネシア投資調整委員会のBahlil Lahadalia会長は、9.8bUS$の投資を行うLG社は、最初の10GWの製造施設の着工式を3月末に行う予定と述べた。同社は、韓国の現代自動車、鉄鋼大手POSCO社、中国企業とともに、インドネシアの国営企業と協力し、インドネシアでのEVバッテリー産業を発展させると説明した。
 Bahlil会長は、これは世界初のEVバッテリー産業で、鉱業、製錬所、製油所、前駆体産業、カソード生産に至るまでをカバーすると述べ、ニッケル鉱山と製錬所プロジェクトはNorth Malukuにあり、カソード、前駆体及びセルバッテリーの一部がCentral Java州のBatangで製造されると説明した。
 インドネシア投資調整委員会は、2020年12月、インドネシアでのバッテリー産業プロジェクトの開発に関し、LG Energy SolutionとのMOUに署名した。
 インドネシア政府は、世界最大のニッケル埋蔵量を誇るインドネシアでのEVバッテリー産業の発展を推進しており、LG社の他、中国のCATL社も国営企業と協力し、インドネシアでのプロジェクト開発を計画している。

ページトップへ