閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年3月16日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:中国ニッケル大手Tsingshan Industry社、クリーンエネルギープロジェクトに投資

 地元メディアが2021年3月10日に伝えたところによると、中国のニッケル大手Tsingshan Industry社は、電気自動車(EV)用バッテリーに必要な原材料の生産への電力供給するため、インドネシアに合計2,000MWのクリーンエネルギー基地を建設するプロジェクトを開始した。同社は、インドネシアのCentral Sulawesi州のMorowali工業団地とNorth Maluku州のIndonesia Weda Bay工業団地に太陽光及び風力エネルギープラントと支援施設を開発・建設することを目指し、6か月の実現可能性調査と計画の後に実施されると述べ、今後3~5年以内にインドネシアに2,000MWのクリーンエネルギー基盤を投資・構築し、さらなるグリーン開発のためクリーンエネルギーの基礎を築くことに取り組んでおり、クリーンエネルギーは、主にEV用バッテリーに必要な原材料の生産に使用されると述べている。また同社は、近い将来、5,000MWの水力発電プロジェクトを立ち上げることも計画していると述べた。

ページトップへ