閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年3月17日 バンクーバー 佐藤佑美

加:ON州政府が独自のクリティカルミネラル戦略を策定へ

 加ON州政府は2021年3月10日、投資を呼び込み世界市場における競争力を向上させ、更には鉱業分野における雇用及び機会を創出するため、州独自のクリティカルミネラル(重要鉱物)戦略を策定することを発表した。Greg Rickford北部開発エネルギー鉱山大臣は声明の中で、「本戦略の策定により、レアアースを含むクリティカルミネラルに関する北米有数の責任ある調達先として、ON州の地位を強化する。」と述べ、同州が国内外の成長市場に対して世界的な生産者・製造業者になる準備が出来ていることをアピールした。現時点で提案されているクリティカルミネラルのリストは以下のとおり。
 アンチモン、ベリリウム、ビスマス、セシウム、蛍石、マンガン、モリブデン、リン酸塩、レアアース、タンタル、錫、チタン、タングステン、バナジウム、ジルコニウム、ホウ素、クロム、グラファイト、リチウム、マグネシウム、ニオブ、コバルト、銅、インジウム、ニッケル、白金族、セレン、テルル、亜鉛、ウラン
 本戦略は、企業や先住民コミュニティ等によるパブリック・コンサルテーションを経て、2021年秋頃の施行を目指す。

ページトップへ