閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2021年3月17日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Chelyabinsk Zinc Plant社の2020年生産実績、前年を上回る

 2021年3月10日付けの地元報道等によると、Chelyabinsk Zinc Plant社(CZP社、製錬企業UMMC社傘下)の2020年におけるSHG亜鉛及び同ベース合金の生産量は、前年比2.3%増の21万1,781t(前年度20万7,014t)であった。
 同じくUMMC社傘下でCZP社にも精鉱を供給しているNova Zinc社(Akzhal鉛・亜鉛鉱床(カザフスタン)のオペレータ)の2020年の亜鉛精鉱(純分)生産量は、前年比8.3%増の3万8,968t(前年度3万5,966t)となった。
 また、CZP社子会社のSibir-Polymetally社(アルタイ地方)の2020年の亜鉛精鉱(純分)生産量は前年比16.9%増の2万9,141t(前年度2万4,932t)であった。
 生産量増加は、各社の技術力強化と業務変革プログラムの実施によるとされている。

ページトップへ