閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年3月23日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:錫大手PT Timah、沖合での錫鉱石生産を強化

 地元メディアが2021年3月16日に伝えたところによると、インドネシア証券取引所(IDX)上場の錫大手PT Timahは、今年の錫鉱石の総生産量に対する沖合での錫鉱山の割合を、29%から40%に増やすことを目指している。同社のWibisono財務責任者は、制御が比較的容易で、違法な採掘活動がないため、現在、沖合での採掘を増やすことを目指していると述べている。同社の陸上錫鉱山は、昨年の総鉱石生産量の71%を占め、沖合鉱山は29%を占めていた。Wibisono財務責任者は、沖合での錫採掘事業を強化する動きは、陸上での違法な錫採掘活動が横行する中で、鉱石生産を最適化する取り組みの一環であると述べた。現在、陸上の錫採掘事業の約半分は地域社会、残り半分は同社により運営されており、Wibisono財務責任者は、人々が運営する鉱山から錫鉱石を入手するのは困難に直面していると述べている。同社は、2020年の45千tから、2021年は約50千tの錫の生産を計画している。

ページトップへ