閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年3月24日 リマ 栗原健一

ペルー:支持率首位のLescano大統領候補、国による鉱物資源管理強化の意向示す

 2021年3月22日付け地元紙によると、2021年4月11日に大統領選挙が予定されるところ、同年3月21日に民放テレビ局主催の大統領候補討論会に参加したLescano候補(Acccion Popular党、同年3月13日時点のアンケートで支持率1位)は、鉱物資源について「採掘後の鉱物の所有権は国に属するべきである、鉱山企業が所有すれば国は十分な利益を得ることができない」との考えを示した。
 なお同候補は、2月にも「地下に埋蔵されている時は国に帰属する鉱物資源が、採掘後は民間企業の所有物になることを定める現行の憲法規定は受け入れがたい」として、大統領に当選の場合、現行の規則を変更するとコメント、具体案として国が企業に採掘サービス料を支払う一方、企業は鉱物資源を国から購入すべきであり、その際の鉱物資源の価格はその所有者である国が設定するべきだとの考えを示していた。

ページトップへ