閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ジスプロシウム テルビウム
2021年3月26日 シドニー Whatmore康子

豪:Northern Minerals社、WA州Browns Range重希土プロジェクトの試験プラントにおける炭酸塩混合物の生産量が累計210千kg以上に

 2021年3月22日付けの地元メディアによると、豪Northern Minerals社は、同社が進めるWA州Browns Range重希土プロジェクトの試験プラントから、1,835kgのジスプロシウムと235kgのテルビウムを含む重希土炭酸塩混合物40.4千kgを同社の顧客である独thyssenkrupp社に出荷し、同プラントにおける炭酸塩混合物(REC)の累計生産量が210千kg以上(うちジスプロシウムが9,751kg、テルビウムが1,245kg)に達したことを明らかにした。同社は、永久磁石の主要材料となるジスプロシウムやテルビウムの需要が、今後電気自動車(EV)が普及する見通しであることや、永久磁石がEVのエンジンやクラッチなどの動力伝達装置の材料に占めるシェアが2030年までに大幅に拡大して75%に達すると予測されていることなどを背景として急増すると予測している。

ページトップへ