閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年4月5日 リマ 栗原健一

ペルー:Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト、環境影響詳細調査修正書(MEIA-d)不承認が確定

 2021年3月31日付け地元業界紙によると、持続可能環境投資許可庁(SENACE)は2021年3月24日、Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト(Junín州)の環境影響詳細調査修正書(MEIA-d)を不承認とする決議を発出した。本プロジェクトでは、選鉱量を170千t/日に増加することが計画されていた。
 SENACEによれば、MEIA-d不承認の理由は、水資源庁(ANA)がMEIA-dに対して行った25件の指摘(不備の修正や追加情報提出など)のうち、18件について、Chinalco Perú社からの回答内容がANAに認められなかったためとしている。
 本MEIA-dは2020年3月に提出された後、SENACEからの137件の指摘については全て回答・修正済みと認められた。一方ANAからは、Kingsmillトンネル廃水処理プラントの能力や水文地質モデル、水質モニタリングなどに関して25件の指摘が行われたが、このうち18件について技術的に十分な回答が行われなかったとして、ANAは本MEIA-dを承認できない旨SENACEに通知、結果的にSENACEは規定に基づきMEIA-dの不承認を決定した。

ページトップへ