閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年4月6日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:Papua州、PTFIの株式10%を保有する会社を設立予定

 地元メディアが2021年4月1日に伝えたところによると、インドネシアPapua州とMimika県が共同所有するPT Freeport Indonesia(PTFI)の株式の10%を保有する会社が、まもなく設立される予定。Papua州政府スポークスマンのDerek Hegemur氏は、PT Papua Divestasi Mandiriと呼ばれる会社の設立に関する公証人が2021年4月初旬に署名されると述べた。
 国営鉱業持株会社MIND IDを通じPTFIの51%以上の株式を所有しているインドネシア政府(49%は米国拠点のFreeport-McMoRanが保有)は、2018年にPTFIの10%の持分を割り当てることを決定し、この方針の下、Papua州が3%の株式を所有し、Mimika県は7%の株式を所有することになる。Papua州とMimika県が共同所有する会社が設立されるまで、PT Indonesia Papua Metal and Mineral(IPPM)が10%の株式を一時的に保有している。

ページトップへ