閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2021年4月8日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT Cita Mineral、2021年の輸出割当は変更されないと予想

 地元メディアが2021年4月5日に伝えたところによると、インドネシア証券取引所(IDX)上場のボーキサイト及びアルミナ製錬会社であるPT Cita Mineralは、2021年のボーキサイトの輸出割当は2020年と変わらないと予想している。同社は、2020年年次報告書の中で、2021年は関連会社PT Well Harvest Winning(WHW)の製錬容量に沿い、輸出割当は同じままと予測されているとしている。
 WHWは、1,000千t/年の生産能力を有するアルミナ工場を有し、今年末までに完了する予定のフェーズ2の拡張により、生産能力が2倍になる予定。同社は2020年、West Kalimantanの鉱山から11百万tのボーキサイトを生産、2019年の9.1百万tから増加した。

ページトップへ