閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年4月9日 バンクーバー 佐藤すみれ

ニカラグア:San Albino金鉱山、商業生産開始が目前

 2021年4月6日付け報道によると、加Mako Mining社はSan Albino金鉱山の商業生産が間近となり、2021年4月末にはキャッシュフローがプラスに転じるとの見通しを報じた。現在、平均品位:Au 15.1g/t、350t/日の鉱石が採掘されており、当初の予想を超える品位が得られている。同鉱山の2021年税引き後利益は30mUS$と予想され、年内の探鉱費8.5mUS$の支出とプロジェクト負債額21.5mUS$のうち大部分の返済が予定されている。同社は、選鉱プラントの処理量を現在の500t/日から1千t/日に倍増させることを目標としており、今後San Albino鉱床とLas Cochitas鉱床での探鉱に加え、全長約23kmのCorona de Oro金ベルト地帯における初のボーリング調査を計画、2021年末までに10万mを超える試掘が予定されている。

ページトップへ