閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル PGM(白金族)
2021年4月14日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Rosgeologia社とEurasia Mining社、コラ半島で共同プロジェクトを実施するための契約締結

 2021年3月27日付けの地元報道等によると、2021年3月、ロシア国営Rosgeologia社とEurasia Mining社は、ムルマンスク州で白金族金属、銅、ニッケル、コバルト関連の複数の共同プロジェクトを実施するための契約を締結した。
 同契約に基づき、パイロット・プロジェクトの一環として、Eurasia Mining社は、Rosgeologia社傘下のジュニア企業の持分75%を500kUS$で取得し、埋蔵量(JORC準拠)算定結果に基づき追加支払を行う。また、Eurasia Mining社は、埋蔵量(JORC準拠)算定後に、Rosgeologia社のJV持分25%を購入するコールオプションを得る。
 Eurasia Mining社は、合弁企業とプロジェクトの運営管理を行う。Rosgeologia社は、探査の実施や地質コンサルティングサービスの提供等、これまで培った経験や能力を共同プロジェクトに投入し、プロジェクトに対するパートナーの投資効率を高める。
 Eurasia Mining社は、パラジウム、プラチナ、ロジウム、イリジウム、金の生産企業である。ウラルにあるZapadnyi Kytlym鉱床を経営し、また、コラ半島Monchegorsk市近郊の2つのパラジウム露天採掘鉱区を含むMonchetundraプロジェクトのオペレータでもある。

ページトップへ