閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル PGM(白金族)
2021年4月14日 シドニー Whatmore康子

豪:FQM社、WA州Mangaroonニッケル・銅・白金族・金プロジェクトにおいてDreadnought社とオプション付きのJV契約を締結

 2021年4月7日付けの地元メディアによると、加First Quantum Minerals(FQM)社は、WA州Gascoyne地域Mangaroonニッケル・銅・白金族(PGM)・金プロジェクトにおいて、オプション付きのJV契約を豪Dreadnought社と締結したことを明らかにした。FQM社は同契約に基づき、2026年3月1日までに探鉱プログラム費用を700kA$、2.3mA$、12mA$と段階的に出資することにより、同プロジェクトの5鉱区において最大51%の権益を獲得した後、同プロジェクトにおける採掘が決定されるまでの期間にプロジェクト費用を全額出資することによって、同社の権益保有比率を70%まで拡大することが可能となる。一方、Dreadnought社は同契約に基づき、同プロジェクトにおいて採掘が決定された後には、同社が保有する30%の権益をそのまま維持する、あるいは将来の収益からの返済を要するローンキャリー20%を権益とする、またはFQM社に時価価格で全て売却するという選択肢を得るほか、JORC規定準拠の資源量のうち金属価値の75%以上が金によってもたらされるようなポテンシャルが発見された場合、これらの資源を採掘する権利を維持するとしている。

ページトップへ