閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タンタル リチウム
2021年4月16日 シドニー Whatmore康子

豪:IGO社、WA州Tropicana金鉱山に保有する権益30%をRegis Resources社に903mA$で売却へ

 2021年4月14日付けの地元メディアによると、豪IGO社は、同社がWA州Tropicana金鉱山に保有する権益30%を、豪Regis Resources社に903mA$で売却することで、Regis社と拘束力を備えた契約を締結したことを明らかにした。IGO社は、同鉱山における同社の事業において2020年9月から戦略的な見直しを開始しており、同社の保有する権益30%の全てまたは一部を売却することを検討していた。また、IGO社は、2020年12月に同社が中国Tianqi Lithium(天斉リチウム)社からWA州のGreenbushesリチウム・タンタル鉱山とKwinana水酸化Li製造工場の権益を2bA$で買収することを発表したが、今回、Tropicana鉱山の売却で得る903mA$をGreenbushes鉱山とKwinana工場の買収費用の一部に充てるとしている。一方、Regis社は、Tropicana鉱山の買収に関し、同社がこの買収費用を賄うために新株式を発行して650mA$を調達すると発表したほか、同鉱山の操業において将来的に得るキャッシュフローを、同社が525mA$の費用を投じてNSW州で進めるMcPhillamys金プロジェクトの建設費用に充てる予定であるとしている。

ページトップへ