閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 鉄鉱石
2021年4月19日 リマ 栗原健一

ペルー:中国企業による今後建設予定の鉱業プロジェクト7件の合計投資額は10,425mUS$

 2021年4月13日付け地元業界紙によると、中国ペルー商工会議所(CAPECHI)のイベントに出席したGálvezエネルギー鉱山大臣は、次期政権の5年間において政府による適切な支援が行われた場合、中国企業が実施する複数の鉱業プロジェクトが開発へ移行する可能性があるとコメントした。
 また同大臣は、中国はペルーにとって銅や亜鉛の主要な輸出先であるほか、中国の銅需要は今後さらに増加が見込まれるとし、投資国としても貿易相手国としても重要なパートナーであると述べた。
 エネルギー鉱山省(MINEM)によれば、今後建設が予定される中国企業の主要鉱業案件は以下のとおり。

  • El Galeno銅プロジェクト(Cajamarca州、3,500mUS$)
  • Río Blanco銅プロジェクト(Cajamarca州、2,500mUS$)
  • Pampa de Pongo鉄鉱石プロジェクト(Arequipa州、2,200mUS$)
  • Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト(Junin州、1,355mUS$)
  • Don Javier銅プロジェクト(Arequipa州、600mUS$)
  • Shouxin精鉱プラント拡張プロジェクト(Ica州、140mUS$)
  • Las Bambas銅鉱山Chalcobamba鉱床開発プロジェクトフェーズ1(Apurimac州、130mUS$)
ページトップへ