閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年4月19日 シドニー Whatmore康子

豪:Galaxy Resources社、WA州Mt Cattlinリチウム鉱山においてフル操業を再開

 2021年4月14日付けの地元メディアによると、豪Galaxy Resources社は、同社の操業するWA州Mt Cattlinリチウム鉱山において、2021年初頭からフル操業を再開したことを明らかにした。同社は2020年初頭から、Li市場の低迷を理由に同鉱山における鉱石採掘量を採掘能力の50~55%に縮小していたが、2021年1~3月四半期における同鉱山のリシア輝石精鉱生産量は47千tと前四半期比39.7%増となり、同年1~4月初旬のリシア輝石精鉱出荷量は合計で45千tとなったとされている。同社は、Mt Cattlin鉱山においてフル操業を再開した背景について、電気自動車(EV)の販売台数が急増したことによってLi化学製品の需要が伸び、これに伴い顧客からのリシア輝石精鉱需要が増加したことがあるとしており、2021年の年間においてはリシア輝石精鉱の生産量を185~200千tとすることを目標とするとしている。

ページトップへ