閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2021年4月21日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT Wijaya Karya(WIKA)、ニッケル製錬所に投資予定

 地元メディアが2021年4月15日に伝えたところによると、インドネシア証券取引所(IDX)上場のエンジニアリング及び建設会社PT Wijaya Karya(WIKA)は、2022年に電気自動車(EV)バッテリーの材料を生産するため、ニッケル製錬所に投資する予定。WIKAのAgung Budi Waskita社長は、他社の製錬所プロジェクト開発のためEPC請負業者として従事しているが、今後はロータリーキルン電気炉(RKEF)及び高圧酸浸出(HPAL)ニッケル製錬所にも投資したいと述べるとともに、WIKAはエンジニアリングと建設ビジネスから、エネルギーとバッテリーの組み立ても含むよう変革すると述べた。2020年11月、Southeast Sulawesi州に拠点があるPT Ceria Nugraha Indotama(CNI)は、新規のニッケル製錬所及びコバルト精製プロジェクト開発のEPC請負業者としてWIKAを任命した。

ページトップへ