閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年4月22日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Norilsk Nickel社、予定より早くOktyabrsky鉱山の採掘を再開

 2021年4月12日付けの地元報道等によると、Norilsk Nickel社は2021年4月12日、浸水したOktyabrsky鉱山における坑道の排水が完了し、Oktyabrsky鉱山(鉱石年産量5百万t)は4月末までに採掘を完全に再開する見込みとなった。以前の計画では、採掘の完全な再開は5月上旬とされていた。現在、同鉱山の操業率はすでに目標レベルの60%に達している。Taimyrsky鉱山(鉱石年産量4.3百万t)の採掘再開予定はこれまで通り6月初めとなっている。
 Norilsk選鉱プラントでは、連邦環境・技術・原子力監督局(Rostechnadzor)と内部監査人による検査が続いている。銅ライン(鉱石年間処理能力約4百万t)は、点検と修理のため3月9日に停止され、3月15日に稼働を再開した。Norilsk Nickel社は、2021年2月20日の事故以来閉鎖されていた第二斑岩鉱処理ライン(鉱石年間処理能力約5.2百万t)の段階的な操業再開計画を作成した。斑岩鉱処理ライン(及びプラント全体)は2021年10月までにフル操業に戻る予定である。このスケジュールは、規制当局の要求を満たすのに必要な時間が考慮されている。

ページトップへ