閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
PGM(白金族)
2021年4月26日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:PGM生産者Amplats社、2021年第1四半期の生産・販売実績を報告

 2021年4月22日、PGM生産者Anglo American Platinum(Amplats)社は、第1四半期の順調な生産・販売実績を報告した。PGM生産量(精鉱中5E+Au量)は、南アにてコロナ禍の第2波の影響を受けつつ、前年同期比7%増の1,021千ozであった。同社CEO Natascha Viljoen氏によると、Amandelbult白金族鉱山やMototolo白金族鉱山といった坑内採掘の現場では、コロナ禍による従業員の職場復帰プロセスが難航した一方で、露天採掘のMogalakwena白金族鉱山では、前年同期比17%の生産量増加が全体を押し上げた結果であるとした。精錬PGM生産量については、2020年の事故のために休止していた精錬プロセスAユニット(Anglo Converter Plant; ACP Phase A)の生産が予想を上回り、前年同期比59%増の973千ozとなった。また、PGM販売量は、需要の増加に対応して精製品在庫からマイナーメタルを取り崩したこともあり、前年同期比66%増の1,130千ozとなった。引続き2021年通年のガイダンスを維持し、PGM生産量は4,200~4,600千oz、精錬PGMは4,600~5,000千ozを見込む。

ページトップへ