閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年4月30日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、電力規制法の改正案を発表

 2021年4月23日付け官報にて、南ア・鉱物資源エネルギー省(DMRE)は電力規制法の改正案を発表し、パブリックコメント募集を開始した。この改正案では、送電網に新規に接続する発電所(Embedded Generation)設置に係るライセンス免除の上限を1MWから10MWに引き上げている。Cyrile Ramaphosa南ア大統領が、2月の施政方針演説にて電力規制法を改正し、自家発電の許可基準の引き上げについて言及していたことを受けたものである。現状では、1MW以上の発電については、国家エネルギー規制局(NERSA)に発電ライセンスを申請する必要があり、手続きに時間を擁していた。国内のエコノミストの間では、ライセンス免除の上限を50MWにすることも提案されていたが、3月にはGwede Mantashe鉱物資源エネルギー大臣から10MWまで引き上げる旨が発表されていた。

ページトップへ