閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年5月6日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:仏Eramet社、2021年第1四半期のニッケル生産を報告

 地元メディアが2021年4月26日に伝えたところによると、仏の金属大手Eramet社は、中国企業中国青山集団(Tsingshan、57%)とEramet社(43%)の提携事業であるインドネシアNorth Maluku州Weda Bay製錬所からの2021年第1四半期のニッケル銑鉄の生産量が10,100tに達したと報告した。同社によれば、フェロニッケルの生産量は2021年には40千tに達すると見込まれており、また、第1四半期のニッケル鉱石の生産量が3百万wmtとなり、年間生産量を10百万wmt以上に上方修正し、Weda Bay鉱山での2021年の鉱石生産量は、2020年の3.4~6百万wmtを超えると発表した。同社は、ニッケルの世界的な需要は、中国とインドネシアのステンレス鋼と電気自動車(EV)用バッテリーの成長により、回復を続けると予想している。

ページトップへ