閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2021年5月10日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:金属価格上昇によりGrupo México社及びPeñoles社の2021年第1四半期業績が好調

 2021年5月3日付け専門紙は、墨Grupo México社及びPeñoles社の2021年第1四半期業績に関し、以下のとおり報じた。
 Grupo México社の当期純利益は1,097mUS$で、収益は対前年同期比40%増加し3,435mUS$となった。また、同社は鉱山事業の他に輸送およびインフラ事業も行っているが、2020年は鉱山部門の売上だけで同社全体の83%を占める結果となった。なお、Grupo México社は2021年の銅需要に関し、3.5~5.5%増加と予測している。
 Peñoles社の売上高は548mUS$(対前年同期比48.7%増)、売上総利益は429mUS$(同150%増)となった。金属価格上昇に加え、精鉱販売量が増加したことが貢献した。Herradura金・銀鉱山の鉱石処理量増加やCapela多金属鉱山の操業、Saucito銀・金鉱山の品位改善により同社の金生産量は前年同期比18%増加した。また、Capela鉱山の鉱石処理量は2020年12月に目標の99%にまで到達した。

ページトップへ