閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年5月10日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:ロシア天然資源環境省、環境影響評価資料に関する新しい要件を作成

 2021年4月25日付けの地元報道等によると、ロシア天然資源環境省は、環境影響評価(EIA)資料に関する新しい要件を作成した。新規則は2021年9月1日から施行される。
 国家環境審査の対象となるプロジェクトにはEIAの手続きが義務付けられていることから、当該文書では、事業が直接または間接的に環境に影響を与える企業に対する審査実施基準を定めている。新規則では、計画された事業の特性に応じて、EIAの内容に関する要件を区別している。例えば、環境への影響レベルがカテゴリー1に該当する施設については、その技術プロセスが、利用可能な最良の技術要件に適合しているかどうかの分析を追加しなければならない。
 また、公聴会の告知手続きについても規定されている。2021年9月1日から、公聴会実施の告知は当局の公式ウェブサイトで行わなければならず、連邦レベルの環境審査対象の場合は、連邦自然利用分野監督局(Rosprirodnadzor)及び施設が建設される連邦構成主体のウェブサイト、地域レベルの環境審査対象の場合は、連邦構成主体及び自治体のウェブサイトで公示しなければならない。環境審査が必要ない場合、公聴会の告知は自治体のウェブサイトに掲載される。
 新規則は、2021年9月1日以前に公聴会が行われたEIA資料には適用されない。

ページトップへ