閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年5月10日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:地下資源利用分野の競売、2022年から電子化

 2021年4月26日付けの地元報道等によると、ロシア上院は地下資源利用分野の入札をデジタル(電子)形式に移行する改正法案を承認した。この法律により競売が唯一の入札実施方法となる。改正法は2022年1月1日に発効する。
 当該改正により、オンライン競売の結果に基づき、落札者が1回払い金の最終金額を支払うことができなかった場合には、次点の入札者がライセンスを取得できるようになる。また、1回払い金の最終金額を支払わなかった落札者は悪質な入札者リストに加えられ、オンライン競売の導入により、初期ライセンス交付段階で悪質な市場参加者を排除できる。さらに、当該改正により、地下資源利用分野の入札手続きの情報透明性が確保されるほか、地域的制約の排除と入札の簡素化によって、潜在的な入札者を増やすことができる。

ページトップへ