閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年5月10日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:豪Nickel Mines社、2021年第1四半期のニッケル生産量減少を報告

 地元メディアが2021年4月28日に伝えたところによると、豪証券取引所(ASX)上場のニッケル鉱業会社Nickel Mines社は、Hengjaya及びRangerのニッケルロータリーキルン電気炉(RKEF)工場からの2021年第1四半期のニッケル金属生産が10,067.5tに達し、2020年第4四半期の11,527tから12.7%減少したと報告した。また同社は、同四半期のHengjayaニッケル鉱山からのニッケル鉱石生産量は456,487wmtで、2020年第4四半期の499,877wmtから8.7%減少したと報告した。
 同社のCentral Sulawesi州における主な事業は、Indonesia Morowali工業団地(IMIP)内にあるHengjaya及びRangerのRKEFとHengjayaニッケル鉱山で、同社はRKEFとHengjaya鉱山の80%の権益を保有している。また、現在North Maluku州Indonesia Weda Bay工業団地(IWIP)で建設中のAngel RKEFプロジェクトの50%の権益も保有している。

ページトップへ