閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年5月11日 リマ 栗原健一

ペルー:Minera Chinalco社、Toromocho銅鉱山拡張プロジェクトの環境影響詳細調査修正書(MEIAD)不承認にかかる再審査請求で口頭弁論を実施

 2021年5月3日付け地元業界紙によると、Minera Chinalco社は、持続可能環境投資許可庁(SENACE)が2021年3月24日に発出した、Toromocho銅鉱山拡張プロジェクトの環境影響詳細調査修正書(MEIAD)の不承認決議に対する再審査請求を提出した。
 同社は、選鉱量を170千t/日に増加することを目的として、2020年3月にMEIADを提出した。その後、水資源庁(ANA)が同MEIADについて、Kingsmillトンネル廃水処理プラントの能力や水文地質モデル、水質モニタリングなどに関し25件の指摘を行ったが、18件は技術的に十分な回答が行われなかったとして、ANAは同MEIADを承認できない旨SENACEに通知、結果的にSENACEは規定に基づきMEIADの不承認を決定した経緯がある。
 さらに2021年4月末、SENACEは、本決定に対する同社からの再審査請求を受理し、2021年5月3日に本請求に係る口頭弁論を実施することを決定、同日、同社代表者は再審査の妥当性についてANAやSENACEの代表者らに対して説明を行った。

ページトップへ