閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル リチウム
2021年5月11日 ロンドン 倉田清香

フィンランド・ロシア・チリ:Johnson Matthey社、ニッケルリッチな新しいカソード原材料の商業化に向けた重要な原材料の確保のための戦略的パートナーシップを発表

 2021年4月19日付けのプレスリリースによると、英Johnson Matthey社は、同社の先進的なニッケルリッチカソード原材料であるeLNO®の商業化に向けて、重要かつ戦略的な進捗を発表した。
 まず、フィンランドの第2工場の開発をサポートするため、フィンランドFinnish Minerals Group社とパートナーシップを締結した。同工場は再生可能エネルギーによる電力のみを使用し、革新的な排水処理ソリューションを取り入れる予定である。
 また、Johnson Matthey社は、露Nornickel社とニッケル及びコバルト供給のためのTerm Sheet(条件概要書)に署名したほか、チリSociedad Quimica y Minera社(SQM社)と水酸化リチウム供給契約を締結した。
 Nornickel社はフィンランドのHarjavalta及びロシアのKola地域の精錬所から供給し、SQM社はチリのAntofagastaにあるSalar del Carmen工場から水酸化リチウムを供給する。
 Nornickel社はフィンランドのHarjavalta及びロシアのKola地域の精錬所から供給し、SQM社はチリのAntofagastaにあるSalar del Carmen工場から水酸化リチウムを供給する。

ページトップへ