閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年5月11日 ロンドン 倉田清香

その他:世界経済フォーラム、Deep-Sea Minerals Dialogueのブリーフィングペーパー「生産者と市場が今関与する理由」を公表

 2021年4月21日付けで、世界経済フォーラムは、ブリーフィングペーパー「深海鉱物:生産者と市場が今関与する理由(Why Manufacturers and Markets Should Engage Now)」を公表した。これは、英TDi Sustainability社のチームによって作成された。Deep-Sea Minerals Dialogueの3部作中の2作目である。このペーパーでは、既存の責任ある調達アプローチの深海採掘への適用可能性を検証し、生産者にとってのギャップと考えられる環境及び社会リスクを特定している。TDi Sustainability社のCEOであり、同ペーパーの著者のAssheton Carter博士は、「深海採掘は深海の生態系にかなりのリスクをもたらす。私たちは深海やその生態、そして深海での鉱物採掘の影響についてほとんど知らない。現在利用可能なESG基準は、陸上とは全く異なる深海の状況に合わせて設計されておらず、移行は容易ではない。(略)深海鉱物を採掘するかどうか、そして、もし採掘する場合はどの基準に準拠するかを決定することは、私達の世代として重要な点である。私達は今、サプライチェーンのあらゆる段階で関係者を巻き込むために行動する必要がある。トレードオフを比較検討するためのツールと知識を備えた包括的意思決定プロセスは、適切な方向性を設定するのに役立つ。」とコメントしている。

ページトップへ