閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年5月13日 シドニー Whatmore康子

豪:GFG Alliance社、SA州のCultana太陽光発電プロジェクトとPlayford蓄電池施設プロジェクトの売却を検討中

 2021年5月6日付けの地元メディアによると、英国の著名ビジネスマンSanjeev Gupta氏の系列企業であるGFG Alliance社は、子会社の豪SIMEC Energy社がSA州で進める280MW規模のCultana太陽光発電プロジェクトと、100MW規模の蓄電池施設プロジェクトを売却することを検討中であることを明らかにした。GFG社は、同社が世界で行う事業において、英国の金融サービス企業Greensill社から総額5.4bA$の融資を受けていたが、Greensill社が2021年3月8日に任意管理手続きを開始したことを背景に資金繰りが悪化しており、自社の子会社であるLiberty Primary Steel社がSA州で操業するWhyalla製鉄所などの主要事業を継続させるために、今回の売却を検討しているとメディアは報じている。Gupta氏はGreensill社が任意管理手続きを開始する以前に、Whyalla製鉄所に関して「1bA$を投じて製鉄所の改修を行い、Cultanaプロジェクトで行われる太陽光発電を利用して再生可能エネルギーによる“グリーン製鉄”へと移行する構想がある。」としていた。GFG社は同製鉄所において400~500mA$の融資をGreensill社から受けており、現在、この融資の借り換えを試みているとされている。

ページトップへ