閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2021年5月18日 北京 塚田裕之

中国:中国工業情報化部材料工業司、「2021年1~3月鉛亜鉛業界動向」を発表

 2021年5月7日付けの現地報道によると、中国工業情報化部材料工業司は「2021年1~3月の鉛亜鉛業界動向」を発表した。
 生産量が前年同期比増。国家統計局のデータによると、2021年1~3月、鉛、亜鉛の生産量は174万t(前年同期比29.1%増)、163万t(同比6.3%増)であった。
 中国有色金属工業協会の統計によると、鉛・亜鉛価格は前年同期より高騰し、2021年3月の鉛平均現物価格は、前年同月比7%増の15,077元/t、なお、前月比では2.3%下落した。亜鉛平均現物価格は、前年同月比39.6%増の21,867元/tで、前月比4.1%増であった。第1四半期の鉛、亜鉛の平均現物価格は15,191元/t(前期比4.7%増)、21,294元/t(前期比24.2%増)であった。前月より3.1%、2.3%を増加しており、価格は変動後高騰した。
 税関総署のデータによると、2021年1~3月鉛精鉱の輸入量は前年同期比6.9%増の269千t(実物量)で、亜鉛精鉱の輸入量は前年同期比62.5%増の133千t(実物量)であった。鉛酸蓄電池の輸出量は前年同期比38%増の4,352.2万個であり、鉛・亜鉛主要製品の輸出入は拡大した。

ページトップへ