閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年5月19日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:Boleo銅鉱山の環境許可申請に関し、連邦政府は住民協議実施を検討

 2021年5月14日付け報道によると、Baja Carfornia Sur州のBoleo銅鉱山拡張計画に係る環境許可申請に関し、María Luisa Albores環境天然資源相は同鉱山のオペレーターであるMinera y Metalúrgica del Boleo社関係者らと協議を実施した。2021年4月にAndrés Maunel López Obrador(AMLO)大統領は、環境天然資源省に対し同鉱山の環境許可申請却下を指示したことを明かしており(2021年4月21日付 ニュース・フラッシュ:AMLO大統領、Boleo銅鉱山の拡張に係る環境許可申請の却下を指示参照)、現在同省による対応の検討が進められている。Albores大臣は、社会及び環境の双方の観点に基づく評価が重要であると判断し、住民協議の実施を指示したことが報道から明らかとなった。なお、メキシコ経営者連盟(COPARMEX)の同州代表は、企業に対し特定の規制遵守を義務付ける場合、法律を通じて規制するべきであり、巨額投資案件の未来を住民協議によって左右するべきではないと強く訴えた。

ページトップへ