閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年5月20日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT Antam、ニッケル製錬所に電力供給用のディーゼル発電所を建設

 地元メディアが2021年5月13日に伝えたところによると、インドネシア証券取引所(IDX)上場の鉱業会社PT Aneka Tambang(PT Antam)は、North Maluku州East Halmahera(Haltim)のフェロニッケル製錬所プロジェクトでの電力供給のため、3x18MWのディーゼル発電所を建設する。PT Antamの親会社である国営鉱業持株会社MIND IDのOrias Petrus Moedak社長は、ディーゼル発電所は2021年末までか、遅くとも2022年の第1四半期に完成する予定であり、PT Antamは、ディーゼル発電所プロジェクトの請負業者を選択するための入札をまもなく完了すると述べた。また同社長は、中長期的には、フェロニッケル製錬所に必要な電力供給は、国営電力会社PT PLNによって開発される石炭火力発電所(2x45MW)から供給されると述べた。PT PLNのディレクターであるBob Saril氏は以前、2026年にEast Halmahera製錬所への電力供給を開始する予定であると述べていた。

ページトップへ