閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年5月20日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:Wilton社、2022年初頭に金の生産を開始

 地元メディアが2021年5月14日に伝えたところによると、シンガポール証券取引所(SGX)上場の金鉱業会社Wilton Resources Corp.Ltd(Wilton社)は、中国のEPC請負業者から、インドネシアWest Java州の金加工工場が2021年10月に試験生産を開始し、2022年1月に商業生産を開始するという報告を受けたと発表した。同社によれば、加工工場の建設はコロナ禍の影響により遅れている。同社はYantai Jinyuan Mining Machinery社に対し、West Java州SukabumiのCiemas金鉱山に500t/日の生産プラントを建設するよう依頼しており、同鉱山の生産能力と製錬プラントともに1.5千t/日までアップグレードが可能である。Wilton社は、総面積3,078.5haの操業生産採掘許可を取得しており、2030年9月7日まで有効。

ページトップへ