閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年5月24日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:ボリビア政府との協働によるリチウム資源国有化の計画が進む

 メキシコにおいてリチウム資源国有化に向けた議論が進められている中、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は2021年5月19日に行った定例会見において、現在ボリビアのケースを参考にメキシコ国家にとって最良の政策を模索していることを明かした。2021年3月にLuis Arce大統領が訪墨した際には、与党Morena(国家再生運動)のAlejandro Armenta Mier上院議員がリチウム国有化を目的とする憲法改正案をArce大統領に手渡したことが報じられていたが、AMLO大統領は会見において、ボリビア政府によるこれまでのリチウム生産と輸出実績を評価し、両国共同の初回研究を既に終えており、この結果に基づく国有化計画案は近々発表できるとの見込みを述べた。また地元紙の報道によると、Armenta Mier上院議員は、2021年第2四半期中にメキシコリチウム協会の設立を計画していると明かした。

ページトップへ