閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
クロム
2021年5月24日 北京 塚田裕之

中国:チベット鉱業発展総公司、2020年クロム鉱石生産17.22%拡大と発表

 2021年5月15日付けの現地報道によると、チベット鉱業発展総公司が2021年4月21日発行のレポートで2020年の同社のクロム鉱石生産量は、前年比9,778.97t増の、66,554.10tであったことが公表された。成長率は17.22%であった。自山鉱によるクロム鉱石販売量は、19,026.26tで、前年比6,165.06t減少し、下げ幅は24.47%であった。炭素含有量の高いフェロクロム生産量(委託加工)は46,694.79tで、前年より11,924.49t拡大し、成長率34.30%であった。炭素含有量の高いフェロクロムの販売量は42,250.89tで、前年より12,604.15t拡大し、成長率は42.51%であった。
 2020年、当該企業クロム関連製品の売上額は、前年比35.98%増の3億1,535万元以上で、総売上高の82.34%を占めた。粗利益率は6.55%で、前年比4.88ポイントを縮小した。
 2021年、同社のフェロクロム生産目標を130千tと設定されている。

ページトップへ