閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年6月1日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:中Zhejiang Huayou Cobalt社、ニッケル製錬プロジェクトに参画

 地元メディアが2021年5月25日に伝えたところによると、上海証券取引所上場のZhejiang Huayou Cobalt(浙江華友コバルト)社は、パートナー企業とともに2.08bUS$を投じ、インドネシアのCentral Sulawesi州Weda Bay工業団地でラテライトニッケルの湿式製錬プロジェクトを開発することを発表した。同プロジェクトの生産規模は、ニッケル地金約120千t/年、ニッケル約15千t/年。
 同社によると、JVの名称(仮称)はPT Huayu Nickel Cobaltで、Zhejiang Huayou Cobalt社は20%出資する。他の株主はEVE Energy社が17%、Yongrui Holdings社が31%、Glaucous International社が30%、Lindo Investment社が2%となっている。Yongrui社は、インドネシア最大のニッケル生産企業で、世界トップのステンレスメーカーである中国青山集団(Tsinghan)の子会社であるYongqing Technology社が100%所有している。
 本プロジェクトの稼働開始時期は明らかにされていない。

ページトップへ