閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年6月1日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:国営電力会社PT PLN、Central Sulawesi州のニッケル鉱山・製錬所に電力供給

 地元メディアが2021年5月27日に伝えたところによると、インドネシア国営電力会社PT PLNは、Central Sulawesi州のニッケル鉱山会社Silkroad Nickel社に電力を供給する予定。PT PLNのCentral Sulawesi Marketing GMであるBonifasius IG Wardhana氏は、Silkroad Nickel社が2022年末までに最大180MWの電力供給を必要としており、2021年8月に10MWの初期供給を開始し、2022年7月に90MW、2022年12月に180MWへと増強する予定で、電力供給契約はまもなく締結されると述べている。
 シンガポール証券取引所(SGX)上場のSilkroad Nickel社は、傘下のPT Teknik Alum Service(PT TAS)を通じMorowaliのニッケル鉱山を運営、PT TASは鉱山で採掘したニッケル鉱石を近隣の採掘業者に供給している。またSilkroad Nickel社は、中国企業のShandong Xinhai Technology社と提携し、400mUS$を投資して、350千t/年のフェロニッケルを生産するロータリーキルン電気炉を建設予定で、2022年の第2四半期までに操業を開始する予定。

ページトップへ