閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル PGM(白金族)
2021年6月3日 バンクーバー 佐藤佑美

加:Vale、労働組合との交渉決裂によりSudburyニッケル・銅鉱山、製錬所の操業を一時停止

 Valeは2021年6月1日、労働組合(United Steelworks、以下USW)第6500支部が労働協約案の受け入れを拒否し、事実上ストライキに突入したことから、ON州Sudburyニッケル・銅鉱山、製錬所の操業を一時停止すると発表した。報道によれば、USW第6200支部に所属するPort Colborne精錬所の労働者とは、労働協約案で合意に至っているとのこと。労働協約案では、5年間で4%の昇給、過去1年間の継続的な努力を表彰するものとして2,500US$の手当、更に3,500US$のボーナスの支給等が提案された一方、6月1日以降に雇用された従業員を対象とした退職後のヘルスケアサービスの廃止や、一般医薬品を医療給付対象外とする等の変更が示されていた。
 Valeは、近日中の合意に向けてUSW側と協議を続けていくとしているが、同オペレーションに関して約4,000人の従業員を雇用しており、ストライキの長期化はSudbury地域の経済に深刻な影響を与えかねない。USW第6500支部によるストライキは、2009年7月の発生から収束までに約1年を要した長期ストライキ以来初となる。

ページトップへ