閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年6月8日 モスクワ 秋月悠也

キルギス:Centerra Gold社、Kumtor鉱床オペレータの破産手続きを開始

 2021年6月1日付けの地元報道等によると、加Centerra Gold社は、キルギスのKumtor鉱床を開発する子会社のKumtor Gold Company(KGC社)及びKumtor Operating Company(KOC社)について、鉱床国有化後に米国の裁判所で破産手続きを開始したと発表した。Centerra Gold社はキルギス政府と建設的な対話をする用意があるが、同社とその株主の利益を守るため、財政的・法的手段を引き続き利用するとしている。
 第11条に基づく破産手続きは、両社に対する全ての請求権からの保護を意味するが、両社の業務やCenterra Gold社傘下の他の企業の業務には影響を与えない。
 5月初め、キルギスは、Kumtor鉱床を最大3か月間管理下に置くことを政府に認める法律を採択した。鉱山が地域住民や環境に危険をもたらす恐れがあるというのがその根拠である。その後、地区裁判所は、氷河に廃石を投棄するなど環境法に違反したとして、KGC社に3.1bUS$の罰金を科した。5月中旬、鉱山は政府の管理下に置かれた。
 Centerra Gold社は、Kumtor鉱山に関するキルギス当局の行動や決定を、鉱床国有化計画を正当化したり、同社に鉱山の放棄を強いるものであるとみなしている。
 Centerra Gold社の2020年の金生産量は前年比5.2%増の824,059oz(25.63t)で、うちKumtor鉱床の金生産量は556,136ozであった。

ページトップへ