閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年6月9日 バンクーバー 佐藤佑美

米:BHPとFreeport-McMoRan、低品位一次硫化銅鉱の新たなリーチング技術に出資

 2021年6月4日付け地元メディアによると、BHPやFreeport-McMoRan等を含む4社は、既存の出資パートナーである三菱商事株式会社とともに、米ベンチャー企業のJetti Resources社に50mUS$出資する。2014年に設立されたJetti Resources社は、黄銅鉱を始めとする低品位一次硫化銅鉱から効率的に銅を浸出・回収することができる技術を有する。2020年7月には、加Capstone Mining社が操業する米AZ州Pinto Valley鉱山に同プロセスを導入したところ、積み上げた鉱石の面積あたりの銅生産量が2倍になったことが実証されている。Jetti Resources社の共同創設者兼CEOのMike Outwin氏は、プレスリリースの中で、「我々はすべての投資家と協力して当社の技術の適用を加速し、低炭素化・電動化社会の実現に向けて世界が必要とする『グリーンな銅』を提供することを楽しみにしている。」とコメントしている。

ページトップへ