閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年6月11日 北京 塚田裕之

中国:2021年4月錫輸出入動向

 安泰科によると、中国税関統計値が示した中国の2021年4月の錫精鉱輸入量は19,082t、金属換算量4,242tで、対前月比3.1%増、対前年同月比97.8%増となった。このうちミャンマーからの輸入量は16,349t、金属換算量2,633tで、対前月比10.0%増、対前年同月比59.4%増となった。
 中国の2021年4月の錫精鉱輸入量は、ミャンマーからの輸入量は対前月比減少したものの、品位が向上したため2,500t以上を維持した。また、ボリビアからの輸入量も対前月比29.7%増の1,588tと比較的高い水準を維持した。一方、DRコンゴからの輸入量は260tで、総輸入量の1.36%にすぎなかった。
 2021年4月の錫地金の輸入量は257tで、対前月比152.0%増、対前年同月比78.3%減であった。また輸出量は1,466tで、対前月比56.1%増、対前年同月比223.6%増となった。
 現在、LME在庫は依然として過去最低水準の755tである。2021年5月にDRコンゴで発生した火山噴火後の地震により、海外錫精鉱や錫地金の供給不足が深刻化した。上海・ロンドン株式市場取引価格比率が長期にわたり低値を維持しているのに伴い、2021年5月の錫地金の純輸出量は引き続き拡大し、錫精鉱の輸入に一定の影響を与える可能性がある。

ページトップへ