閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
グラファイト ウラン レアアース/希土類 リチウム
2021年6月14日 シドニー Whatmore康子

豪:ASX上場探鉱企業の四半期現金収入総額が2.37bA$と7%増、リチウム企業や産金企業などによる収入が多額に

 2021年6月8日付けの地元メディアによると、豪州証券取引所(ASX)に上場する探鉱企業の現金収入総額は2021年1~3月四半期に2.7bA$と、前期比7%となったことが会計事務所BDOによる最新の調査で明らかになった。この収入額のうち、10mA$以上の収入額を計上した48社の収入総額は全体の75%を占め、そのうち鉱種別で最多額を占めたのはリチウム企業9社による450mA$で、次いで産金企業10社、ウラン企業4社、レアアース企業4社、グラファイト企業4社による各329mA$、264mA$、146mA$、135mA$が続いたされている。BDOはこの内訳について、豪州の探鉱産業ではCOVID-19流行によって受けた打撃から回復する時期が終わり、世界の低炭素化やクリーンエネルギーへの移行を背景に、電気自動車(EV)で使用されるリチウムイオン電池(LIB)の材料となるリチウムやグラファイトなどの鉱物や、ウランなどのクリーンエネルギーとなる鉱物へと焦点が当てられるようになったことを示すものであると分析している。

ページトップへ