閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 鉄鉱石
2021年6月14日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT Kapuas Prima Coal、鉛製錬所の操業を開始予定

 地元メディアが2021年6月5日に伝えたところによると、インドネシア証券取引所(IDX)上場の鉱山会社PT Kapuas Prima Coalは、同社の鉛製錬所PT Kapuas Prima Citraが2021年第3四半期に操業を開始すると発表した。同社の説明によると、製錬所は20千t/年の99.5%鉛地金を生産する能力を有し、製錬所の開発に15mUS$を投資している。また同社は、PT Kobar Lamandau Mineral傘下の亜鉛製錬所が2023年第1四半期に生産を開始すると発表した。この製錬所は68千t/年の亜鉛精鉱を処理し、30千t/年の99.99%亜鉛インゴットを生産する能力を有し、67mUS$を投資している。PT Kapuas Prima Coalは、Central Kalimantan州Lamandau県で、5,000haの鉱区を運営している。鉛・亜鉛精鉱の生産に加え、鉄鉱石の採掘も行っており、2021年には約12mUS$の鉄鉱石を国内の製錬所に供給している。同社は、鉛精鉱17.5千t/年、亜鉛精鉱46千t/年の輸出許可を政府から取得している。

ページトップへ